家庭菜園これで元気になれちゃいます

TOP > サカタのタネ はつか大根 紅白 種 プランター栽培もおすすめ!(家庭菜園 ダイコンのタネ 野菜 たね 種子 二十日大根)

サカタのタネ はつか大根 紅白 種 プランター栽培もおすすめ!(家庭菜園 ダイコンのタネ 野菜 たね 種子 二十日大根)

 サカタのタネ はつか大根 紅白 種  科名  アブラナ科  食用部分  根・胚軸・葉  発芽適温  15〜25℃  生育適温  15〜20℃  発芽までの日数  3〜5日  冷涼地  北海道、東北地方、新潟県、富山県、石川県、高冷地  中間地  関東、中部、近畿、中国、北陸(一部の高冷地を除く)  暖地  四国・九州、沖縄県  ※上記の地域区分はあくまでも目安です。

  お住まいの気候条件に合わせて栽培してください。

  種の内容量:9ml ※1袋で育つ苗の本数:およそ450本  長さが4〜5cmの紡錘形、尻づまりよく、紅白の彩りが美しいハツカダイコンです。

 サラダや一夜漬けに向きます。

短期間で収穫できるのも魅力♪

   他のハツカダイコンとの組み合わせ栽培も面白いです。

 育てやすい人気のハツカダイコンは、プランター栽培でも人気です!  栽培環境・土づくり  できるだけ水はけのよい畑を選びます。

タネまき予定の2週間ほど前に  肥料を適量まき、10cm程の深さに耕します。

根をスムーズに伸ばすために、  石や雑草の根などを取り除きます。

また、未熟な堆肥を種まき直前に与えると  根が変形しますので注意します。

 水はけの悪い畑を利用する場合は、高うね栽培をおすすめします。

 タネまき・植えつけ  点まきは、条間10〜15cm、株間2〜5cmくらいのところに1cmほどの穴をあけて  2〜3粒ずつまき、双葉展開〜本葉1枚ごろに間引きます。

 スジまきは、1cm間隔にまき、本葉が2〜3枚のころに  株間が3cmくらいになるように間引きます。

 管理のポイント  夏は高温で根形が乱れるので、栽培は難しくなります。

 土壌には完熟堆肥を十分施して、膨軟で水はけと水もちをよい土をつくります。

 肥料は温度が高いときは少なめに、低いときは多めに施します。

 間引きを早めに行い、株間を広くとり、日当たりと風通しをよくします。

 株間が狭すぎると、根形が悪くなります。

 収穫・保存・利用  タネまき後、暖かい時期は30日、涼しい時期は40〜50日を目安に収穫します。

 本葉が5〜6枚、根の太さが1.5cm〜2cmくらいになったら収穫適期です。

 収穫適期が短く、収穫が遅れるとスが入るので注意します。

 数回に分けてタネまきすると長い期間収穫できます。

 ■短期間で収穫できる野菜の種はこちらから  ■プランターはこちらから  ■育苗資材はこちらから  ■肥料はこちらから  ■苦土石灰・土壌改良材はこちらから

楽天で購入195円(税込み)

家庭菜園 関連ツイート